当科の特徴

論文

英文

​​※過去5年間の業績

  1. Matsuda S, Kato M, Koike T, Kama Y, Suzuki K, Enseki M, Tabata H, Hirai K, Yamada Y, Mochizuki H. Differences in virus detection and cytokine profiles between first wheeze and childhood asthma. Tokai J Exp Clin Med. 45: 10-17, 2020.
     

  2. Kama Y, Kato M, Yamada Y, Koike T, Suzuki K, Enseki M, Tabata H, Hirai K, Mochizuki H. The Suppressive role of Streptococcus pneumoniae colonization in acute exacerbations of childhood bronchial asthma. Int Arch Allergy Immunol. 181: 191-199, 2020.
     

  3. Dowa Y, Yamada Y, Kato M, Matsumoto N, Kama Y, Shiihara T. Sweet potato was not so sweet: undetected foreign-body aspiration in a healthy child leading to acute bronchial asthma. Tokai J Exp Clin Med. 44: 1-4, 2019. 
     

  4. Hirai K, Nukaga M, Tabata H, Enseki M, Furuya H, Niimura F, Yamaguchi K, Mochizuki H. Objective measurement of nocturnal cough in infants with acute bronchiolitis. Respir Investig. 57: 605-610, 2019.
     

  5. Enseki M, Nukaga M, Tadaki H, Tabata H, Hirai K, Kato M, Mochizuki H. A breath sound analysis in children with cough variant asthma. Allergol Int. 68: 33-38, 2019.
     

  6. Shioya H, Tadaki H, Yamazaki F, Miyamoto M, Yoshihara S, Enseki M, Tabata H, Hirai K, Furuya H, Kato M, Ito S, Mochizuki H. Characteristics of breath sound in infants with risk factors for asthma development. Allergol Int. 68: 90-95, 2019.
     

  7. Kondo Y, Nukaga M, Enseki M, Tabata H, Hirai K, Kato M, Mochizuki H. Clinical application of high-pitched breath sound in children with asthma. Tokai J Exp Clin Med. 43: 74-80, 2018.
     

  8. Nukaga M, Tabata H, Enseki M, Hirai K, Furuya H, Kato M, Mochizuki H. Changes in the breath sound spectrum with bronchodilation in children with asthma. Respir Investig. 56: 392-398, 2018.
     

  9. Enseki M, Nukaga M, Tabata H, Hirai K, Matsuda S, Mochizuki H. A clinical method for detecting bronchial reversibility using a breath sound spectrum analysis in infants. Respir Investig. 55: 219-228, 2017.
     

  10. Hirai K, Enseki M, Tabata H, Nukaga M, Matsuda S, Kato M, Furuya H, Mochizuki H. Objective measurement of frequency and pattern of nocturnal cough in children with asthma exacerbation. Ann Allergy Asthma Immunol. 117: 169-174. 2016.
     

  11. Otsubo K, Fukumura A, Hirayama M, Morimoto T, Kato M, Mochizuki H. Hemophagocytic lymphohistiocytosis caused by systemic herpes simplex virus type 1 infection: Successful treatment with dexamethasone palmitate. Pediatr Int. 58; 390-393, 2016.
     

  12. Otsubo K, Yabe M, Yabe H, Fukumura A, Morimoto T, Kato M, Mochizuki H. Successful acute lymphoblastic leukemia-type therapy in two children with mixed-phenotype acute leukemia. Pediatr Int. 58; 1072-1076, 2016.
     

  13. Suzuki K, Kato M, Matsuda S, Nukaga M, Enseki M, Tabata H, Hirai K, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y, Mochizuki H. IP-10 is elevated in virus-induced acute exacerbations in childhood asthma. Tokai J Exp Clin Med. 41: 210-217, 2016.
     

  14. Tabata H, Hirayama M, Enseki M, Nukaga M, Hirai K, Furuya H, Mochizuki H. A novel method for detectiong airway narrowing using breath sound spectrum analysis in children. Respir Investig. 54: 20-28, 2016.
     

  15. Uchimizu H, Matsuwaki Y, Kato M, Otori N, Kojima H. Eosinophil-derived neurotoxin, elastase, and cytokine profile in the effusion from eosinophilic otitis media. Allergol Int. 64 Suppl: S18-S23, 2015.
     

  16. Kato M, Suzuki K, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y, Mochizuki H. Virus detection and cytokine profile in relation to age among acute exacerbations of childhood asthma. Allergol Int. 64 Suppl: S64-S70, 2015.
     

  17. Yamada Y, Toki F, Yamamoto H, Nishi A, Kato M. Proton pump inhibitor treatment decreased duodenal and esophageal eosinophilia in a case of eosinophilic gastroenteritis. Allergol Int. 64 Suppl: S83-S85, 2015.
     

  18. Hirai K, Tabata H, Hirayama M, Kobayashi T, Oh Y, Mochizuki H. A new method for objectively evaluating childhood nocturnal cough. Pediatr Pulmonol. 50: 460-468, 2015.
     

  19. Kato M, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y. Age at onset of asthma and allergen sensitization early in life. Allergol Int. 63 Suppl 1: 23-28, 2014.
     

  20. Yamada Y, Kato M, Isoda Y, Nishi A, Jinbo Y, Hayashi Y. Eosinophilic gastroenteritis treated with a multiple-food elimination diet. Allergol Int. 63 Suppl 1: 53-56, 2014.

 
和文

​​​※過去5年間の業績

  1. 平井康太. 経皮免疫療法. アレルギーの臨床. 40: 1171-1175, 2020.
     

  2. 山口公一. 経口免疫療法. アレルギーの臨床. 40: 1166-1170, 2020.
     

  3. 鎌 裕一, 平井康太. 原発性線毛機能不全. 小児内科. 52 (増刊): 83-88, 2020.
     

  4. 海賀千波, 平井康太. 小児の気道過敏性検査. 小児科. 61: 1612-1618, 2020.
     

  5. 加藤政彦. 好酸球とPAF. 臨床免疫・アレルギー科. 73: 581-585, 2020.
     

  6. 落合成紀, 内山 温. まず押さえるべき血液ガスのきほん 換気 (二酸化炭素) を評価してみよう!. With NEO. 33: 28-35, 2020.
     

  7. 平井康太. 在宅での気管切開孔の管理 小児科の立場から. JOHNS. 36: 241-244, 2020.
     

  8. 山口公一. 保険診療に関して. 日本小児アレルギー学会誌. 34: 95-99, 2020.
     

  9. 石丸雅矩, 平井康太, 髙砂聡志, 池上真理子, 田端秀之, 松田晋一, 加藤政彦, 望月博之. 市販薬 (抗ヒスタミン薬) の大量内服によるジフェンヒドラミン中毒の小児2例. 日本小児科学会雑誌. 123: 879-885, 2019.
     

  10. 伊藤靖典, 亀田 誠, 池田政憲, 藤澤隆夫, 井上壽茂, 徳山研一, 平井康太, 松原知代, 吉田之範, 足立雄一. 日本小児アレルギー学会小児喘息コントロール評価ワーキンググループ 小児気管支喘息治療・管理ガイドラインの認知と内容に関するアンケート調査. 日本小児アレルギー学会誌. 33: 683-691, 2019.
     

  11. 加藤政彦. 肥満と喘息の関係を教えてください. 周産期医学. 48 (増刊): 362, 2018.
     

  12. 加藤政彦. NO (一酸化窒素) が喘息と関係あると聞きました。 教えてください. 周産期医学. 48 (増刊): 363, 2018.
     

  13. 坂間 隆, 額賀真理子, 兵頭裕美, 煙石真弓, 田端秀之, 平井康太, 加藤政彦, 望月博之. 小児気管支喘息の急性増悪3例の肺音に関する検討. 日本小児科学会雑誌. 122: 767-773, 2018.
     

  14. 田端秀之, 煙石真弓, 額賀真理子, 平井康太, 加藤政彦, 望月博之, 濱田昌史, 飯田政弘. 拡大した副鼻腔に感染を反復した重症心身障害児の1例. 小児耳鼻咽喉科. 39: 46-51, 2018.
     

  15. 平井康太. 小児の遷延性咳嗽、慢性咳嗽に対する客観的評価の試み. 日本小児科学会雑誌. 122: 720-727, 2018.
     

  16. 平井康太. 長引く咳の診断. 日本小児アレルギー学会誌. 32: 211-218, 2018.
     

  17. 平井康太. 小児喘息の管理と薬物治療. 薬事. 60: 2234-2241, 2018.
     

  18. 平井康太, 望月博之. 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017 (第2章) 定義、病態生理、診断、重症度分類. 日本小児アレルギー学会誌. 32: 716-722, 2018.
     

  19. 平井康太. 気管切開. 小児内科. 50: 1828-1832, 2018.
     

  20. 平井康太. 咳を科学する. 小児耳鼻咽喉科. 39: 250-257, 2018.
     

  21. 小池隆志, 兵頭裕美, 坂間 隆, 鵜川寿子, 中江聡子, 加藤政彦, 望月博之. 小児科でのクリニカルパス導入の取り組みとその効果. 日本小児科学会雑誌. 121; 623-630, 2017.
     

  22. 加藤政彦. ECP. 日本小児アレルギー学会誌. 30; 208-209, 2016.
     

  23. 加藤政彦. IP-10. 日本小児アレルギー学会誌. 30; 210-211, 2016.
     

  24. 加藤政彦, 田端秀之, 望月博之. 小児慢性呼吸器疾患 (慢性呼吸器感染症). 小児科臨床. 69: 591-597, 2016.
     

  25. 近藤芳美, 平井康太, 望月博之. 小児気管支喘息 疾患の理解編. クリニカルスタディ. 37: 42-48, 2016.
     

  26. 平井康太. 気管支ぜんそくの新しい診断方法. チャイルドヘルス. 19: 753-756, 2016.
     

  27. 平井康太. 気道可逆性検査・気道過敏性検査. 日本小児呼吸器学会雑誌. 27: 63-68, 2016.
     

  28. 加藤政彦, 望月博之. ウイルス感染と小児気管支喘息の増悪・治療. アレルギーの臨床. 36: 22-26, 2016.
     

  29. 鎌 裕一, 加藤政彦. 長期の喘鳴を呈した食道異物の1男児例. 日本小児呼吸器学会雑誌. 26: 197-203, 2016.
     

  30. 杉山延喜, 横山淳一, 池上真理子, 松田晋一, 宮下好洋. Surfer’s myelopathyの小児例.  脳と発達. 48: 41-44, 2016.
     

  31. 平井康太. 生体検査 肺機能検査. 小児看護. 39: 148-152, 2016.
     

  32. 三神美子, 煙石真弓, 平井康太, 額賀真理子, 田端秀之, 松田晋一, 望月博之. 気管支喘息として加療されていた7際女児の食道アカラシアの1例. 日本小児呼吸器学会雑誌. 26: 177-183, 2016.
     

  33. 岡本正二郎, 松山 健. 発熱と排尿時痛. 小児内科. 47: 1022-1027, 2015.
     

  34. 加藤政彦, 望月博之. ウイルス感染による気管支喘息とロイコトリエン拮抗薬. 臨床免疫・アレルギー科. 63: 346-355, 2015.
     

  35. 坂間 隆, 新村文男. 腎・泌尿器疾患 Fanconi症候群. 小児内科. 47 (増刊): 599-603, 2015.
     

  36. 清水博之, 関根佳織, 平井康太, 高倉広充, 鈴木一雄, 多田奈緒, 厚見 恵, 森 雅亮, 久保田千鳥. 小児科診療所における6年間 (2008~2013年) のRSV感染症395例の臨床的特徴および疫学的特徴の解析. 小児感染免疫. 27: 119-125, 2015.
     

  37. 平井康太. 小児の咳嗽の客観的評価. アレルギーの臨床. 35: 542-546, 2015.
     

  38. 平井康太. 咳嗽の客観的評価. 日本小児アレルギー学会誌. 29: 73-78, 2015.
     

  39. 平井康太. 肺機能 やればできる. 小児科診療. 78: 927-933, 2015.
     

  40. 松山 健, 後藤芳充, 岡本正二郎, 上村 治, 本田雅敬, 日本小児腎臓病学会小児CKD対策委員会小児の検尿マニュアル編集委員会. 日本小児腎臓病学会により初めて作成される小児の検尿マニュアルの意義. 東京都医師会雑誌. 68: 462-465, 2015.
     

  41. 煙石真弓, 加藤政彦, 望月博之. 経皮、経腸感作と喘息発症. 呼吸と循環. 62: 1137-1143, 2014.
     

  42. 岡本正二郎, 松山 健. 急性巣状細菌性腎炎の疾患概念および治療に関する最近の知見. 外来小児科. 17: 339-344, 2014.
     

  43. 岡本正二郎. 3歳児検尿の現状と課題. 蛋白/クレアチニン比の検討を含めて. じん. 36: 14-18, 2014.
     

  44. 加藤政彦. 喘息と気道炎症Up-Date. 2. 好酸球性炎症 Up-To-Date. 喘息. 27: 20-27, 2014.
     

  45. 加藤政彦, 望月博之. 小児気管支喘息とアレルギー性鼻炎患者の発症年齢とアレルゲン感作状況の検討. アレルギーの臨床. 34: 897-901, 2014.
     

  46. 平井康太. 気道リモデリング. 小児科学レクチャー. 4: 474-480, 2014.
     

  47. 平井康太. 咳嗽の病態・診断・治療-病態-. 日本小児呼吸器学会誌. 25: 37-41, 2014.
     

  48. 平井康太. 小児の肺音と呼吸機能. 小児科. 55: 1337-1344, 2014.
     

  49. 平井康太. 咳嗽の客観的評価から小児気管支喘息の病態を考察する. アレルギー・免疫. 21: 1392-1399, 2014.
     

  50. 平井康太. 咳嗽の客観的評価. 日本小児アレルギー学会誌. 29: 73-78, 2014.

 
単行本

​​​和文

  1. 加藤政彦. 好酸球増加症. 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 編. 今日の治療指針2020年度版-私はこう治療している. 東京, 医学書院, 2020, p846-847.
     

  2. 加藤政彦. 好酸球増加症, 好酸球増加症候群. 矢崎義雄, 編. 新臨床内科学第10版. 東京, 医学書院, 2020, p828-830.
     

  3. 加藤政彦. 好酸球性食道炎, 好酸球性胃腸炎. 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 編. 今日の治療指針 2019年度版-私はこう治療している. 東京, 医学書院, 2019, p828-830.
     

  4. 岡本正二郎. Q2 精密検診の目的と最低限行うべき検査項目は何ですか? 小児腎臓病学会, 編. 小児の検尿マニュアル. 学校検尿・3歳児検尿にかかわるすべての人々のために. 東京, 診断と治療社, 2015, p5-7.
     

  5. 岡本正二郎. Q4 精密検診の問診で注意することは何ですか? 小児腎臓病学会, 編. 小児の検尿マニュアル. 学校検尿・3歳児検尿にかかわるすべての人々のために. 東京, 診断と治療社, 2015, p10-12.
     

  6. 岡本正二郎. Q5 暫定診断とは何ですか? 小児腎臓病学会, 編. 小児の検尿マニュアル. 学校検尿・3歳児検尿にかかわるすべての人々のために. 東京, 診断と治療社, 2015, p13-15.
     

  7. 岡本正二郎. Q7 精密検診での検査値はどのように判断しますか? 小児腎臓病学会, 編. 小児の検尿マニュアル. 学校検尿・3歳児検尿にかかわるすべての人々のために. 東京, 診断と治療社, 2015, p18-20.
     

  8. 岡本正二郎. Q8 学校検尿における小児腎臓病専門施設への紹介基準は何ですか? 小児腎臓病学会, 編. 小児の検尿マニュアル. 学校検尿・3歳児検尿にかかわるすべての人々のために. 東京, 診断と治療社, 2015, p21-23.
     

  9. 山崎千波, 望月博之. Question 40, 乳児アトピー性皮膚炎ではどのような患者にいつごろ血液検査をすればよいか教えてください. 加藤則人, 編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55, 東京, 診断と治療社, 2014, p104-106.
     

  10. 山崎千波, 望月博之. Question 47, 食物アレルギー児 (アトピー合併) の保健所や学校で対応について聞かれたとき、どうすればよいか教えてください.加藤則人, 編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55, 東京, 診断と治療社, 2014, p124-127.